二重幅を各段に広げる事の出来るマッサージ方法

yjimage  
本物の二重を手に入れるなら
この記事の所要時間: 339

今回は、自分の二重幅で悩んでる人に向けて記事を更新していきたいと思います。そこで今回は、アイプチやアイテープを使用せずにマッサージだけで二重になる方法を紹介したいと思います。

やっぱり二重幅が狭いよりもい広い方が可愛く見えるメイクなどでは、二重幅は非常に大事なポイントになってきます。

スポンサードリンク

二重幅が広い方が似合うメイク

二重幅が広い方が似合うメイク

二重の幅が広いどんなメイクに合うと思いますか?実は二重幅が広い場合は派手系のメイクと非常に相性がいいんです。ちょっと自分も派手系のギャルメイクに挑戦したいと言う方は、二重幅を広げる事をオススメします。

二重幅が狭い場合は!?

二重幅 狭い メイク

逆に二重幅が狭い場合は、クールでカッコいい系の二重がとっても似合います。

自分の二重幅を広げる事より、今の二重幅で似合うメイクを見つけたいという方には、クールでカッコいい女性のメイクを参考にするといいですよ。

二重マッサージって何!?

二重マッサージって何!?

二重マッサージとは、整形などをぜずに、自力で二重にする事の出来るマッサージ方法なんです。このマッサージを行う事で毎日ちょっとずつですが理想の二重を手に入れる事が出来るかもしれないですよ♪

ですがこのマッサージを行う前にメリットとデメリットについて紹介します。

二重マッサージのメリットは!?

二重マッサージのメリットは整形したり、二重にする為の美容グッズなどを購入しないでいい点が非常にオススメです。自分でマッサージを行うだけなので一切の費用がかかりません!

二重マッサージのデメリットは?!

二重マッサージのデメリットは、お金や美容グッズに頼らない分どうしても時間がかかってしまいます。

スポンサードリンク

そして、元々生まれつき一重の方もいますのでマッサージだけでは二重幅を広げる事が出来ない事もあります。

二重マッサージに効果が出る人

二重マッサージに効果が出る人

二重マッサージを行っても効果が出ない人はいますので、ここでしっかりとチェックしてマッサージを行うようにしましょう!

  • 目をこすると一瞬でも二重になる
  • 眠い時に二重になる事がある
  • 生活の中で自然に二重の線が出来る
  • 自分で目を動かして二重にする事が出来る

この上記に該当した人は二重マッサージで効果を得る事が出来る可能性があります。

上記に該当しなかった人は下記の記事をご覧下さい。

>>誰でも確実に二重を手に入れる方法 ★オススメ★

二重マッサージのやり方

二重幅を広げる マッサージこの二重マッサージでは、「一重⇒二重」「奥二重⇒くっきり二重」もともとの目をよりも大きく見せる事が出来、どんな人にも効果は出るようなマッサージです。

余分な脂肪を落とす事で綺麗な二重に

二重マッサージ 余分な脂肪を落とす

まぶたに余分な脂肪がついてる事で、目が腫れぼったく二重の邪魔をしてるケースもあります。蒸しタオルやお風呂で結構を良くする事でまぶたの腫れを未然に防いだ上でマッサージを行う事で効果が出やすくなります。

蒸しタオルを目の上に乗せて5分待ちます。5分経過したらタオルを取って指を眉毛の真ん中に添えて.7秒間ほど上に持ち上げて下さい。

そして指を目頭⇒涙袋⇒目尻まで持っていきます。最後に目尻から横にぐっと7秒間ほど引っ張ります。これを5セット繰り返す事で効果が出ます。

強く押しすぎるのは危険!

マッサージをする際は、強く押しすぎないように注意して下さい。眼球やなどに過度の負担がかかってしまう事もあります。気持ちが良い位の力加減で行う事。そしてこのマッサージを目の疲れを取る効果もあるんですよ。

本物の二重を手に入れるなら

本物の二重を手に入れるなら

やはり、本物の二重がどうしても手に入れたいという方は、マッサージだけではちょっと不安な点があります。それに完全に自分で自然な形で二重にするマッサージですので結構時間がかかる事も頭に入れる必要があるんです。

そんな時は、美容グッズなどを使用する事で安全且つ最短で本物の二重を手に入れる事が出来るんですよ。

>>最短で綺麗な二重を手に入れる

それでは、自分自身に合ったやり方で自分の理想の二重を手に入れて下さい。

関連記事
オロナインで二重にする方法は超危険?!
1月6日にヒルナンデスで放送された塗るだけで二重になるアイテムの評価!
一重女子もオルチャンメイクで可愛く変身

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  yjimage  

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る