童顔メイクで大人っぽくするメイクの8つのポイント

yjimage  
この記事の所要時間: 65

童顔女子でも大丈夫!脱童顔メイクで大人っぽく変身するメイク術を今回は、紹介していきます。自分の顔が童顔で「いつも子供っぽく見られてしまう・・・」と悩んでる方も大丈夫!誰でも簡単に大人っぽい顔に変身出来るメイク方法があるんです。

スポンサードリンク

童顔の人の3つの特徴

童顔の特徴って?!

皆さんは、童顔の人の特徴ってなんだか分かりますか?まずは自分の顔の特徴を知る事で自分に合った正しいメイクを行う事が出来るんですよ♪それでは童顔の人にはこんな特徴があったんです。

以下の内容が当てはまる人は「童顔」だと思って頂いて大丈夫です。

  • 一つ一つのパーツに丸みがある。
  • 顔のパーツが中心に寄っている。
  • 顔の輪郭に丸みがある

童顔の人の顔にはこのような特徴があるんです。

童顔の人のメリット、デメリット

童顔の人のメリット、デメリット

童顔の人には、それぞれメリットとデメリットが存在します。

メリット

童顔の人は、普通の顔の人に比べて若く見られる傾向があります。年齢を重ねる事で年を取ったと自分で実感される方もいると思いますが、童顔の人は年齢よりも若く見られる事が多いです。

童顔で悩んでる人も勿論いると思いますが、童顔に憧れてる女性の方も実は、たくさんいるんですよ。

デメリット

先ほどは、童顔のメリットについて説明しましたが今度はデメリットと言われる点について説明致します。童顔の人は、若く見られる一方で落ち着いた雰囲気に欠けるとも言われています。他にも威厳に欠ける場合もあります。若く見られる一方で大人の落ち着いた雰囲気という点では、普通の顔の人に比べて下がってしまう事もあります。

大人っぽくなる童顔メイク術

大人っぽくなる童顔メイク術

それでは、実際に童顔の人にオススメの大人っぽくなるメイク術について紹介していきたいと思います。今回のメイクのポイントは大きく分けて6つのポイントが存在します。このポイントをしっかりと押さえる事で童顔⇒大人顔のなるんです。

眉毛や目尻は「やや長め」を意識!

眉毛や目尻は「やや長め」を意識!

大人っぽい顔に見せるには、まずは眉毛にポイントがあります。大人っぽい眉毛は目尻をちょっと長めに描く事で顔全体を遠心的に見せる事が出来ます。

先ほども説明しましたように童顔の特徴は顔のパーツが中心に寄ってる事が原因になっていますので出来るだけ顔の中心にパーツが集まってないように見せるかが大きなカギになります。

眉頭を描く時は注意して

眉毛を長く見せる事で大人っぽい顔にする事が出来ますが、それは目尻側の眉毛を長く描く事がポイントになってきます。この時逆に眉頭の方を長く描いてしまうと子供っぽく見せてしまうので逆効果になってしまいます。

アイシャドウは目尻側に入れる

アイシャドウは目尻側に入れる

アイシャドウを入れる際にもポイントが存在します。そのポイントは目尻側にしっかりとアイシャドウを塗る事です。目尻側にしっかりとアイシャドウを塗る事で「陰影感」や「立体感」を演出する事が出来るので目元にメリハリを出す事が出来ます。

下まぶたにもしっかりと

大人っぽく見せるテクニックは「下まぶた」にもしっかりとアイシャドウを塗るようにしましょう。下まぶたにアイシャドウを塗らない場合、目元がカジュアルになってしまいます。

オススメのアイシャドウの色は!?

オススメのアイシャドウの色

脱!童顔メイクの時のアイシャドウのオススメの色は、ベージュ系、グレー系、ブラウン系、ネイビー系です。

スポンサードリンク

このようなカラーを使用する事で大人っぽい顔に近づく事が出来ますよ。

マスカラの塗り方

マスカラの塗り方で押さえるポイントは、まつげがダマにならないようにしっかりと根元から丁寧に塗るようにしましょう。この時にロングタイプがオススメです。

アイラインの入れ方

アイラインにもやってはいけない事があります。それは、「つけまつ毛」「太いアイライン」「跳ね上げアイライン」この3つのは禁物です。アイラインは自然な感じになるようにやや細めにしていきましょう!

チークの入れ方は控えめがポイント

チークの入れ方は控えめがポイント

チークを入れる時の最大のポイントは、自分の肌と合うような自然な色をチョイスするようにしましょう!肌に馴染ませる事が重要なポイントになってきます。そしてチークを入れる際も、丸く入れないように注意して下さい!

上記の画像でも解説しているように、「こめかみ」から「頬」に向かってやや斜めに入れる事が意識して下さい。チークを丸く入れてしまうと「可愛らしさ」を全面的に主張してしまうので「大人メイク」のバランスが崩れてしまいます。

チークのオススメのカラーは!?

最初に説明しましたようにチークを入れる時のポイントは、自分の肌に自然に馴染む色を使う事です。日本人にオススメのカラーはコーラル系やベージュ系が肌に馴染みやすいのでオススメです。

チークを入れるのはメイクの最後

チークを入れるのはメイクの最後

大人顔メイクでは、チークを入れるのはメイクの1番最後に入れるようにしましょう!この時にメイク全体のバランスを見ながら違和感ないようにチークを入れる事をオススメします。

口紅(リップ)を塗る時はコンシーラーが必須!

口紅(リップ)を塗る時はコンシーラーが必須!

口紅を塗る時は、コンシーラーを使うようにしましょう!コンシーラーをどのように使用するかと言いますと口角がぼんやりしてる方は画像の場所にコンシーラーを塗って唇の輪郭をしっかりと整えましょう!

コンシーラーを使用する事で洗練された口元を演出する事が出来ます。

リップの塗り方は?!

リップの塗り方は、唇の外側から内側に向かって塗っていきます。リップの色は、ベージュ系もしくはローズ系を使用するようにしましょう!

シェーディングで大人顔に変身!

シェーディングで大人顔に変身!

シェーディングを行う事で子供っぽい顔から大人っぽい顔に変身させる事が出来ます。シェーディングは、顔の輪郭に陰影をつける事で顔全体に立体感を出して子顔の見せてくれたり、顔の形をカバーしてくれる効果があります。

童顔の方にシェーディングはオススメ

特に童顔の人にシェーディングは、かなり有効です。童顔の方は顔全体が丸っこいのでシェーディングを行う事で陰影や立体感を出す事で大人っぽい顔になるんです。

シェーディングで使用する色は?!

シェーディングで使用する色は、自分の肌色よりも1トーン暗い色を選ぶようにしましょう!そしてクリームタイプではなくパウダータイプがオススメです。

ベースメイクはマット感を意識!

ベースメイクはマット感を意識!

※左マット右ツヤ肌

上記の画像を見てもらえると分かると思いますが、肌感だけでもこのような差があります。肌の質感は、ツヤ感よりもマット感のある方が大人っぽい顔に見せてくれます。大人顔メイクに「ナチュラル」「カジュアル」さは必要ありません!

普段のメイクと違って最初は苦労すると思いますがこのポイントが大人顔メイクには非常に大事になってきます。

まとめ

童顔 メイク 大人っぽく

どうでしたか?童顔の方でもメイクのやり方は少し変えるだけでこんなに大人っぽい顔に変身する事が出来るんです。皆さんも大人っぽい顔になりたい!と思ってる方は明日からでも「大人顔メイク」にぜひ挑戦して下さい!

関連記事
オルチャンメイクの簡単な仕方を紹介☆ ※オススメ
可愛い最新ギャルメイク特集
アイメイクの可愛いメイクテクニック

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  yjimage  

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る