GUのスカンツコーデ特集!26選

yjimage  
GU スカンツ コーデ
この記事の所要時間: 733

スカンツってなんですか?流行はもちろん、ファッションやメイク系に疎い私は知らなかったアイテムです(泣)数多くの新作が登場する中で、2016年春夏シーズンを通してGUがイチオシしていくアイテムが「スカンツ」です。

今やプチプラながらトレンドをしっかり抑えたGUのアイテムは「コーディネートに絶対欠かせない!」という方も多いのではないでしょうか?今回は、スカンツの種類別のオススメコーデと、似ている「スカーチョ」との違いを紹介します♪

スポンサードリンク

2016年流行の「スカンツ」と「スカーチョ」

2016年流行の「スカンツ」と「スカーチョ」

2016年新作は「スカンツ」だそうです!「あれ?『スカーチョ』ってなかったっけ?」と思った方いますよね?そうなんです!あるんですよねー。一体どんなモノなんでしょう?

どんな違いがあるのかわからない方もいるかと思います。私もその一人です!(笑)そこで少し違いを紹介してみましょう♪

スカンツ

まず「スカンツ」とは・・・一見スカートに見えるパンツのことで、スカート+パンツ=スカンツという造語なんですよ♪歩くとパンツ、立っているとスカートに見えるので、コーディネート次第でボーイズカジュアルにも、フェミニンにもなるんです!

見た感じは本当にスカートのようですね。色んなコーデが楽しめそうです♪

スカーチョ

次に「スカーチョ」とは・・・スカーチョとは゛ガウチョパンツ゛の一種で、シルエットがよりスカートに近いもののことを言います。スカンツと同様に、スカート+ガウチョ=スカーチョという造語なのです!

ガウチョパンツが進化したものなので、フレア感が増してより女性らしいアイテムとなりました。こちらもコーデが楽しめますね♪

GUのスカンツの種類

GUのスカンツの種類

GUからリリースされているスカンツは現在3タイプです。

価格は1本1990円で、消費税を入れても2149円と相変わらずコスパは抜群ですよね!ガウチョパンツやワイドパンツは、シーズン始めから一気に売れていて、人気のカラーバリエーションは早い段階で欠品していたので、気になる方は早めにゲットしておくのがベストです♪

イージースカンツ

イージースカンツ

まずは落ち感があって、マキシスカートに近い感覚で履けるイージースカンツ。

「大人っぽく着こなしたい」という方には、これがオススメです♪ベルトループもあるので、トップスをinするorコンパクトサイズで合わせれば、自然とスタイルUPできますよ!カラーバリエーションは、これからの春コーデで着まわしやすい「オフホワイト」「ブラック」「ネイビー」「オリーブ」の4色です。

ワンサイズ大きめが人気のようで、XLとLはどのカラーバリエーションも完売している店舗が多いようです。オリーブは特に人気が高く、Mサイズまですでに売り切れている状態もありますね。

イージーデニムライクスカンツ

イージーデニムライクスカンツ

そしてカジュアルで、どんなスタイルにも着回ししやすいデニムライクスカンツ。カットソー素材なので、デニム生地特有の固さ・重さもなく、動きやすいですよ♪カラーバリエーションは、「ブルー」と「ネイビー」の2色です。

足首をキレイに見せることで、大人っぽく見えるので、ヒールやパンプスなど、レディなシューズを合わせるとオシャレですね。

イージーカットソースカンツ

イージーカットソースカンツ

こちらは、やわらかいカットソー素材のイージースカンツですね。カジュアルなマキシスカートっぽく着たい方はこちらがオススメです。カラーバリエーションは、「ネイビー」「ブラック」「オリーブ」の抜け感ある3色です。

スポンサードリンク

リラックス感・カジュアルなバランスを重視するなら、このスカンツが一番です!グレイッシュな色合いなので、夏まで着られそうですよね♪

スカンツの素材

スカンツの素材

カットソー素材

GUのデニムスカンツは見た目は完全にデニムなんですが、カットソー素材を使っているので、柔らかで履き心地抜群です!トップスは同色以外なら何でもOK!というくらいコーデしやすいアイテムですね♪

ドレープ素材

見た目のシルエットがとてもキレイなイージースカンツは、ドレープ素材を使っています。普通に立っていたらスカート?と間違えるくらいですね。エレガントなシルエットできれいめなコーデにもぴったりです!

個人的には、ホワイトとネイビーはマストカラーじゃないかと思います☆

GUのスカンツ種類別コーデ特集!

GUのスカンツ種類別コーデ特集!

説明などが少し長くなってしまいましたが、GUのスカンツを種類別にして、オススメコーデみていきましょう♪

イージースカンツ

オフホワイト

オフホワイト

全身GUコーデです!GUのオフホワイトスカンツ可愛いですね~。水色のニットとの組み合わせも春らしくてステキです♪

オフホワイト

オフホワイトのスカンツを春らしいピンクと合わせたら可愛いですね。ぜひお手本にしたいです♪

オフホワイト

オフホワイトと淡いブルー系のシャツがキレイです!パンプスでより女性らしくオシャレですね♪

オフホワイト

コンパクトなトップスからすらっと伸びるエアリーなスカンツ。スタイルUPコーデの王道ですね!中のトップスとスカンツを白で統一することで、縦ラインを強調してよりスッキリ見えます。足もとはパンプスですが、白のスニーカーでも可愛いですね♪

ブラック

ブラック

ボーダー×黒のパーカー×黒のスカンツで楽ちんコーデ。休日はリラックス感いっぱいのコーデでゆっくりしたいですよね♪

ブラック

カジュアルな着こなしが多いようですが、キレイめにも使えそうですよね♪パンツにボリュームがあるので、トップスはスタイリッシュに。ジャケットを羽織ればオフィススタイルにもなりそうです。

ブラック

高めのヒールに、短めのトップスでスタイルがよく見えますよね!春もモノトーンはおさえておきたいコーデです♪

ブラック

ブラックのスカンツには、キレイめのトップスを合わせて大人の女性コーデに。

足もとはぺたんこパンプスで動きやすく!ヒールを合わせてもいいですね♪

オリーブ

オリーブ

オリーブのスカンツ×グレーのボーダーカーディガンの肩掛け。色合いがとてもグッドだと思います!これからの季節にぴったりですね♪

オリーブ

軽さと大人っぽさの感じられる、リネンブレンドアウターはまだまだ寒い日があるので、活躍しますよね。ロング×ロングの合わせでも、中のアイテムを目を引くカラーやデザインのものにすると、ぼんやりせずに重くもなりません。

ネイビー

ネイビー

ホワイトのMA-1ブルゾンに、ネイビーのイージースカンツコーデ!赤をアクセントに効かせた大人のスタイルです♪

ネイビー

イージースカンツのネイビーとチュールコンビネーションセーターのネイビー合わせ。

スカンツにinしてセーター部分をちょい出しにして、スカンツは通常のウエストより上めに履くのがグッド♪お腹のちょい上ぐらいが目安です。

ネイビー

シンプルなアイテムとも、こんなにトレンド感炸裂でオシャレに着こなせちゃいますよ♪

ネイビー

春先にはニットと合わせてさらっとカジュアルに。もう少し暖かくなると、シャツなどをトップスインしたり短めのトップスを合わせて、あえてボトムスにボリュームを持たせるのがオススメです♪

イージーデニムライクスカンツ

ブルー

イージーデニムライクスカンツ

定番カーキのMA-1ブルゾンに、イージーデニムライクスカンツ合わせでハードカジュアルスタイルに♪カッコよくきまってます!

ネイビー

イージーデニムライクスカンツ

デニムスカンツには、どんなトップスでも相性抜群です!写真のようにストライプのトップスでカジュアルコーデに。また、パステルカラーのニットを合わせれば、春コーデにもなります。足もとはヒールでも、スニーカーでもかっこいい!

イージーデニムライクスカンツ

デニム生地なので、幅広い着こなしができる優秀ボトムス!ブラックカラーと合わせると、引き締まった着こなしになりますね♪

イージーカットソースカンツ

ネイビー

イージーカットソースカンツ

ネイビーのMA-1ブルゾンに、イージーカットソースカンツのネイビーを合わせてグラデーションコーデ!

ブラック

イージーカットソースカンツ

スリット入りのニットは、スカンツとの相性抜群です!アースカラーのスカンツは、春から夏にかけて大活躍します。

オリーブ

イージーカットソースカンツ

カットソーチュニック×カットソースカンツで、GUイチオシのトレンドコーデ完成♪

まとめ

GU スカンツ コーデ

いかがでしたか?みなさんの好みのコーディネートは見つけられたでしょうか?今年のトレンドアイテムはキレイめなので、オシャレ女子の必須アイテムになりそうですね♪まだまだ先だと思わずに、少しずつ、クローゼットの中に春を取り入れてみませんか?

私のような、オシャレ初心者さんも自分に合った1着を見つけてみてくださいね♪

>>プチプラコーデ特集!<<

関連記事
2016年 30代(アラサー)の最新 春夏コーデ特集!43選
GUのMA-1レディースの可愛いコーデ12選
2016年 GUの厳選サロペットコーデ 40選!

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  yjimage  

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る