秋冬にオススメレディースのライダースジャケットコーデ特集

yjimage  
ライダースジャケット コーデ
この記事の所要時間: 1239

毎年秋から冬にかけて、大活躍しているアイテムであるライダースジャケット。

今年もやはり一着は持っておきたいアイテムですよね。甘辛MIXコーデのアクセントになってくれたり、カジュアルダウンさせてくれたりなど、様々な顔を見せてくれるライダースジャケットの、着こなし方などを紹介します。

スポンサードリンク

ライダースジャケットとは!?

ライダースジャケット画像引用元;https://likes-work.com/articles/4RHmt

ライダースジャケットは、元はバイクに乗る人のための服だったそうで、強い風が当たっても体には直接風が当たらないように加工されています。

また、風が入ってこないように、袖口や襟元が絞れるようになっているのも、ライダースジャケットの特徴です。

ライダースジャケットの人気や口コミについて

ライダースジャケットの着れる期間について

ライダースジャケットの画像引用元;http://matome.naver.jp/odai/2134069266317575001/2134069380717711803

ライダースジャケットは、風を通さず暖かく着ることができますので、冬にはもってこいのアイテムです。

しかし、最近では様々なデザインや素材のものが販売されていますので、秋や春といった少し暖かい季節にも、薄い素材のライダースジャケットなら着ることができます。

ライダースジャケットの着こなし術

ライダースジャケット 着こなしライダースジャケット 着こなし画像引用元;https://ciel-fashion.jp/archives/6214

ライダースジャケットは、意外にも何にでも合わせやすいアイテムです。

一枚持っていると、かっこいいコーデはもちろん、可愛らしい上品なコーデにも相性抜群で、着回ししやすくとても重宝するアイテムなのです。

ここからはそんなライダースジャケットの、おしゃれなコーデをアイテム別に紹介します。

パンツスタイルとの相性抜群!

ライダースジャケット パンツライダースジャケット パンツ画像引用元;https://kaumo.jp/topic/37129

普段のパンツスタイルに、ライダースジャケットを加えるだけでパンチのきいた、おしゃれなコーデに仕上げられるのです。

パーカーとスニーカーという可愛らしいコーデも、ライダースジャケットを加えると、カジュアルに変えてくれます。

このようにライダースジャケットを加えるだけで、またひと味違ったコーデを作り上げられるのが、ライダースジャケットの最大の魅力です。

ライダース×ワンピースコーデもオシャレ

ライダースジャケット ワンピース画像引用元;http://www.green-label-relaxing.jp/sp/styling/2013/09/201309-34676.html

可愛らしいワンピースに、ライダースを合わせると甘辛MIXなコーデが完成し、可愛らしいコーデに仕上がります。

今流行りのニットワンピに合わると、また一味違ったかっこいいスタイリッシュなコーデに、仕上げることもできるのです。

トレンドのワイドパンツ×ライダースもカッコいい

ライダースジャケット ワイドパンツ画像引用元;http://konomi.me/I0000052

今まさにトレンドアイテムであるワイドパンツにも、ライダースジャケットは相性抜群なのです。

かっちりした印象のライダースジャケットに、キャメルのワイドパンツを合わせると、やわらかなキャメルがアクセントになって、女の子らしいコーデに変身させてくれるのです。

秋冬にオススメのレディースのライダースジャケットコーデ特集

001808560263_17

肌寒さから上着が欲しくなる秋。今年の秋は、ライダースジャケットに挑戦しませんか?

秋におすすめのライダースジャケットを取り入れたコーデをご紹介します。主役となるライダースジャケットは、ベージュをおすすめします。女性らしい柔らかい印象を与えてくれます。ボトムスにはカーキのワイドパンツをチョイス。足首が見えるので、全体的に軽やかな雰囲気を与えてくれます。

トップスと足元も白を選んで全体を明るめにすれば、ライダースジャケットというハードなアイテムでも、女性らしさが出ますよ。この秋、ぜひ挑戦してほしいコーデです。

キッドスエードライダースジャケット

001825477001_24

最近のライダースジャケットって今までとちょっとデザインが変わってきました。キレイめスタイルにも合うよう、進化を遂げているんです。

不要なジッパーもなく、洗練されたデザイン。色みも淡いニュアンスカラーが大人の女性にぴったりですよね。

ライダースジャケットが割とかっちりと着こなす感じなので、ボトムスは細身ですっきりとしたラインのものがお勧めです。

Spun_Slub ジャケット

002008427003

ホワイトのトップスにベージュのライダースジャケット、ブラックのスカートのコーディネートです。

ライダースジャケットはカジュアルな印象がありますが、ベージュは落ち着いた色なので大人っぽく着こなしていますね。

カジュアルに見えがちなアイテムでも色を選ぶことでシックに見せることもできるので、色選びは重要になってきます。

シンプルライダースジャケット

00204207600v

秋のファッションに欠かせないアイテムと言えば、ライダースジャケットです。

ライダースジャケットを使った、オススメの大人の秋コーデを紹介します。コンパクト丈の黒のライダースジャケットに合わせるのは、相性バッチリのガウチョパンツで。オレンジ色のパンツとライダースジャケットの黒が、モダンで洗練された大人の雰囲気を出してくれます。

白いカットソーはガウチョパンツにインして、上半身はコンパクトに着こなすことで、スッキリとした印象になります。足元は華奢なパンプスで。大人な秋のコーデの完成です。

ノーカラーライダースジャケット

002044863001_12

今シーズンも大活躍のライダースジャケット。今年も着こなしのポイントに取り入れてみましょう。

このライダースはハードすぎず柔らかいデザインになっていうので、いろいろなアイテムにも合わせやすき、着やすいことがポイントです。

こんな感じのパンツと合わせたり、スカートやワンピースでもしっくりします。パンプスに鮮やかな色を持ってくると足元も華やかに、オシャレ上級者ですね。

裏ボアノーカラーライダースジャケット

002039534000_21

ライトな色味が軽やかなライダースジャケットは、ハードになり過ぎずこなれ感のあるコーディネートをアシストしてくれます。

フロントオープンにしてサラッと羽織るだけで、ワンランク上の印象に◎

インナーには白のリブニットをレイヤードして爽やかに。ボトムにはデニムスキニーを合わせれば、メリハリのある美シルエットに仕上がります。

大人女子ライダースジャケット

00203126600h

ライトベージュの色合いが上品なライダースジャケットは、ハード過ぎないテイストにキマる優秀アイテムです。

きっちりフロントを閉めて、グレーのくしゅっとしたタートルネックトップスをレイヤードすれば、キレイ目カジュアルスタイルに仕上がりますよ。

黒のタイトめなシルエットのスカートを合わせれば、シックな装いに◎

合皮ライダースジャケット

001735775001_14

黒のライダースジャケットをすでにお持ちでしたら、こんな感じの色もお一ついかがでしょうか。

落ち着いた茶色が大人っぽさを演出します。柔らかな印象も与えるので、ヘビーローテーション間違いなしです。

パンツはもちろんのこと、スカートやニットのワンピースなどもしっくり着ます。ライダースの魅力は竹の短さ。これをうまく着こなすとおしゃれもますます楽しくなります。

ゴートスエードライダースジャケット

002016210000_12

程よい光沢感で高見えするライダースジャケットは、ブラックカラーでも女性らしいデザインでコーディネート力バツグンの優秀アイテムです。

スポンサードリンク

ダークブラウンのフレアのシルエットがフェミニンなワンピースをレイヤードすれば、異質なコントラストが女っぷりをグッとアップしてくれますよ♡

ショートブーツもワンピースと同系色で合わせてまとまり感アップ◎

ノーカラーライダースジャケット

002016209000_14

上質な素材感が目を引くキャメルカラーのライダースジャケットは、大人っぽいカジュアルコーデにはマストハブのアイテムです。

インナーには黒のハイネックニットをレイヤードすれば、シックなメリハリ感がプラスされます。

ブラウンの細ベルトでウエストマークすればスタイルアップのアクセントに♪裾フリンジがポイントのワイドデニムパンツを合わせてハイセンスにキメて◎

フェイクレザーダブルライダースジャケット

002021911000_21

優しい色合いのライトベージュが目を引くライダースジャケットは、女性らしい雰囲気も加わりトレンドライクにランクアップしてくれます♪

シンプルな白のVネックトップスをレイヤードすれば、顔周りをスッキリでスタイリッシュにキマります。

トレンドのテラコッタカラーのワイドパンツを合わせれば、グッと抜け感のあるカジュアルスタイルに仕上がます。

合皮ノーカラーダブルライダースJK

001975559001_14

コンパクトな丈感とシルエットがポイントのライダースジャケットは、一枚羽織るだけでトレンドライクにキマります♪

上品な色合いのベージュカラーのニットをレイヤードすれば、大人っぽい雰囲気が加わりますよ。細身のホワイトパンツはハンパ丈をチョイスして軽やかな印象に◎

ブラウンのフェイクレザーのショートブーツを合わせてシーズンライクにまとめましょう。

ダブルライダース合皮ジャケット

002015291000_01

ジャストサイズの丈感が絶妙な黒のライダースジャケットは、一枚は持っておきたいトレンドライクな一着です♪

キャメルカラーのVネックトップスをレイヤードすれば、大人クールな雰囲気が漂います。ボトムにはライトな色味のワイドデニムパンツを合わせることで、グッとこなれ感のあるカジュアルスタイルに仕上がりますよ。

羊革ダブルライダースJK

002008933000_17

辛口な印象の黒のライダースジャケットはフロントオープにしてラフに羽織れば、クールなカジュアルスタイルをアシストしてくれます♪

黒×赤のブロックチェックが目を引くトップスをレイヤードすれば、メリハリのある印象が漂います。ボトムには黒のスキニーを合わせてコンパクトにまとめれば、グッとこなれ感のあるコーデに仕上がります。

フェイクレザーライダースジャケット

001989401000_04

グレーのトップスにブラックのライダースジャケット、ワイン色のスカートのコーディネートです。

この色合いは秋冬っぽくていいですね。ブラックだとどんなコーディネートにも合うので、もしライダースジャケットの購入を検討しているかたはブラックにしてみてください。

ブラックは着やせ効果もあるのでぽっちゃりさんにもおすすめです。

羊革ライダースジャケット

001590525001

ホワイトのトップスにブラックのライダースジャケット、ベージュのスカートのコーディネートです。

ライダースジャケットも定番のブラックをチョイスすると、着こなしの幅が広がりますね。

カジュアルに見えがちなライダースジャケットですが、ブラックだとシックに見えて仕事のときに着ていってもおかしくありませんね。おすすめの一着です。

スエードライダースジャケット

001977579001_12

秋色のライダースジャケットは今の季節にぴったりのアウター。細身のシルエットがスタイル良く見せてくれます。

柔らかいカラーなのでハードな印象になりすぎず、女性らしいスタイリングができます。

カジュアルにも綺麗目にも使えるアイテムなのでパンツでかっこよく着こなしたりスカートやワンピースと合わせて辛口ミックスコーデも楽しめます☆

フェイクスウェードライダースジャケット

001975585001_15

黒のライダースジャケットは、ショート丈でコンパクトなスタイルにキマります。

インナーにはボーダートップスをレイヤードしてカジュアルに決めて好バランス◎

サラッとした肌触りの素材感が女性らしいカーキ色のボトムを合わせれば、女性らしいカジュアルスタイルにまとまりますよ。白のスニーカーをチョイスすれば爽やかな印象に♪

ノーカラーダブルライダースジャケット

001615067001_14

かっこいい印象を与えながらもどこか甘く可愛いコーデ。秋には欠かせないライダースジャケットを黒で引き締まり感を出し、靴と鞄を同じ色で統一。

スカートは紺系で全体を黒にしないのがお洒落。インナーにはボーダーを入れることで、アクセントとなり重くならず可愛いコーデになってます。デートや近所へ行くにも合うコーデですよ。

ラムレザーライダースジャケット

001679748271

キャメルカラーの色合いが上品なライダースジャケットは、軽やかな印象でハードになり過ぎず女性らしい雰囲気のコーデをアシストしてくれます。

フロントオープンにしてサラッと羽織り、インナーにはボーダートップスをレイヤードすれば大人カジュアルにキマります。

シーズンライクなカーキ色のフレアスカートを合わせれば、程よくガーリー感がプラスされます。

羊革ライダースジャケット

まとめ

ライダースジャケット画像引用元;http://topicks.jp/78589

いかがでしたか?かっこいい印象の強いライダースジャケットも、このように着こなし次第で可愛らしくも、カジュアルにも変身してくれるのです。

今まで、かっこいいイメージが自分には合わないなどと避けてきた人でも、この機会に普段のコーデにライダースジャケットを、取り入れてみてはいかがでしょうか。



スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  yjimage  

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る