2016年冬のガウチョパンツコーデ!カーキは安定の人気カラー

yjimage  
冬 ガウチョコーデ
この記事の所要時間: 2531

最近秋冬に限らず、一年を通して大人コーデに欠かせないアイテムとなっている、ガウチョパンツ。

そんなガウチョパンツは、その履き心地の良さやシルエットの可愛らしさから、若い世代の女性だけでなく、幅広い年齢層の人たちから人気を集めています。そんなガウチョパンツの着こなし方などを紹介していきます。

スポンサードリンク

ガウチョパンツとは?!

ガウチョ画像引用元;https://iemo.jp/56131

ガウチョパンツとは、もともとは南米のカウボーイが履いていたものとされていて、カウボーイの事をガウチョとも呼ばれていたことから、この名前が付いたそうです。

七分丈で、裾が少し広がったゆるっとしたシルエットが特徴のアイテムです。

ガウチョパンツの人気や口コミについて

ガウチョパンツの魅力について

ガウチョ 画像引用元;http://po10pon.com/2705.html

ガウチョパンツは、人と差がつくコーデを作り上げるにはもってこいのアイテムで、デートや合コンなど注目を集めたい日にピッタリです。

ゆるっとしたシルエットと、一見スカートにも見えるそのデザインから、女性らしさや大人っぽさを演出できる、とても万能なアイテムなのです。

履くだけでオシャレが増す!

ガウチョ 魅力画像引用元;http://beautyfasshion.net/archives/1438

ガウチョパンツは最近のトレンドアイテムとして、注目を集めているアイテムなので、普段のコーデに持ってくるだけで一気に今時の、おしゃれなコーデに仕上げてくれます。

また、いろいろなアイテムとも相性の良いアイテムなので、そんなに悩むこともなく今まで通りのコーデに、ガウチョパンツを持ってくるだけで、印象をガラッと変えてくれるのもガウチョパンツの魅力です。

モデルのようなスタイルアップ効果アリ!

ガウチョ 魅力画像引用元;http://topicks.jp/48444

また、ガウチョパンツはそのゆるっとしたシルエットから、お尻や太ももなど気になる部分を、隠してくれるだけでなく、女性特有の華奢な部分が引き出されるのも大きな魅力です。

足首も見えているものが多いので、細く長くスタイル良く見せてくれます。

幅広い年代の方でも履ける!

ガウチョ画像引用元;http://magazine.cubki.jp/articles/58019449.html

他にもガウチョパンツは、履き心地が良く動きやすいという魅力もあります。ですから長く歩くお出かけやちょっとした旅行などに着て行っても、疲れることも少ないのです。

このように、いろいろなアイテムにも合わせやすく、スタイルアップ効果も期待できる、また動きやすく疲れないという、良いところだらけのアイテムなので幅広い年齢層の人たちから、支持を得ているアイテムです。

冬のガウチョパンツ色(カラー)別コーデ

ガウチョ カラー画像引用元;http://topicks.jp/27826

そんなガウチョパンツは、今ではもう定番のアイテムとなっているため、いろいろなブランドから様々なデザインやカラーのものが、販売されています。

花柄のものやストライプの柄のものなど、その日の気分やコーデに合ったガウチョパンツを、自由に選ぶことができるのです。

黒のガウチョパンツコーデ

黒ガウチョ画像引用元;http://topicks.jp/72354

黒はなんといっても引き締め効果があるカラーなので、よりスタイルアップ効果が期待できます。また、何色とも相性がいいカラーでもあるので、特に悩むこともなく普段のコーデに取り入れることができるのも、黒のガウチョパンツの魅力です。

ですからこのように、可愛らしいタートルニットに合わせてもいつもとは一味違った、引き締まったコーデにしてくれます。

カーキのガウチョパンツコーデ

カーキ ガウチョ画像引用元;http://lalabiko.com/gauchyo_aki

カーキはこの季節から毎年流行しているカラーなので、コーデに取り入れるだけで季節感のある、おしゃれなコーデに見せてくれます。

そんなカーキのガウチョパンツは、重たくなりがちなので明るい入りのトップスか、このようにデニムシャツをインして履くのも、インパクトがあっていいと思います。

グレーのガウチョパンツコーデ

グレーガウチョ画像引用元;http://topicks.jp/65102

グレーは黒ほど重たくならずに、さらっと着こなすことができるカラーです。

また、グレーのガウチョパンツはこのようにトップスに深いグリーンのものと、パールネックレスを持ってくることで、大人っぽくてドレッシーなちょっとしたパーティーにも、着て行けるようなコーデにもなってくれるのです。

ネイビーのガウチョパンツコーデ

ネイビー画像引用元;http://trend-keyword.com/gaucho-navy-tops

ネイビーはコーデに取り入れるだけで、こなれ感を演出してくれるという便利なカラーです。

そんなネイビーのガウチョパンツは、いろいろな色のアイテムとの相性も抜群なので、ちょっと冒険したデザインのトップスを持ってきても、しっかりとコーデをまとめてくれますよ。

ベージュのガウチョパンツコーデ

ベージュ画像引用元;https://olivia.tokyo/266879

ベージュのガウチョパンツは、普段のコーデに取り入れるだけで季節感のあるコーデにしてくれます。

このようにデザイン性のあるトップスに合わせても、暖かみのある大人っぽいコーデになっています。そこに赤いパンプスを持ってくることで、程よい差し色になってパッと目をひくコーデにするのもいいですよね。

2016年冬のガウチョパンツコーデ特集!

ws000006

ガウチョパンツは今年注目のアイテムです。年齢を問わずに着こなせるのがガウチョパンツのいいところ、体型カバー力も高いのでママさん達にもオススメです。

ホワイトなどシンプルなカラーを一枚持っているとどんなトップスにでも合わせやすく、コーディネートしやすいです。

ガウチョパンツは足首がよく見えるので靴もお洒落して楽しんじゃいましょう

タックロングガウチョ

ws000007

楽ちんながらも、しっかりとお洒落感を出してくれるガウチョパンツ。合わせるアイテムでカジュアルにもキレイめに着こなしすことができるのも魅力です。

また、どんなカラーにも馴染みやすいグレーなので、トップスに色物や柄物を持ってきてもよし、モノトーンでまとめてもよし、色んなコーディネートを楽しむことができます。

ツイード調裏起毛ガウチョパンツ

ws000008

ガウチョパンツは履き始めると病みつきになる程、ヘビロテになるおすすめの商品です。これもさらっとした柔らかなラインがよりエレガントに見せてくれます。

トップにこんな感じの明るめのセーターを持ってくると華やかさも増しますし、軽い感じに見えますね。

フラットなシューズでもヒールでもカッコ良くきこなせるパンンツは一着欲しいアイテムです。

Munich ウール混ガウチョパンツ

ws000009

今年の秋冬のコーディネートにかかせないグリーン系のカーキは、ガウチョパンツで楽しみましょう。

トップスには、定番のチェック柄シャツに足元は、チャンキーヒールのブーティーで決まりです。小物には、タッセル付きのミニトートがいいですね。

アウターは、ざっくりニットのグレーカラーのフード付コーディガンが似合います。

ピーチラップ風ガウチョパンツ

ws000010

ガウチョパンツはスカートに見える幅広パンツでゆったりと着こなせます。合わせるトップス次第でカジュアルにもシックにも、雰囲気をいろいろ変化させ楽しみましょう。

トップスをショート丈のものと合わせると、スタイルアップ、脚長効果が期待できます。ガウチョパンツはシンプルなんで、トップスをいろいろ工夫してコーディネートを楽しみましょう。

(COUPLES LADIES)ボリュームガウチョパンツ

ws000011

形がユニークなガウチョパンツです。人ん木のガウチョはすでに一着はお持ちかと思いますが、もう一つ、と思っているのならこのパンツはおすすめです。

裾が微妙な短さで、これからの季節ショートブーツやタイツを履いたりするのに素敵なアクセントになってスタイリッシュな雰囲気を演出してくれます。

大きめなマフラーを巻いてオップにもポイントを持ってくると可愛らしくきこなせます。

ツイードガウチョパンツ

ws000012

ガウチョパンツってうまくバランスがとりずらそうですよね?そんなあなたには、トップスをぺプラムスタイルにするとウエストが高く見えるのでバランスよくきこなせるんですよ。

後は、ガウチョパンツの色を靴まで同系色にしてヒールタイプとあわせる間違いありません。

小物は、小ぶりなショルダーパックと合わせるのが今年流です。

コーデュロイ風ガウチョパンツ

ws000013

秋冬のスタイルのガウチョパンツを使ったホワイトカラーを着こなすって素敵ですよね。でもホワイトカラーは、膨張しがちになってしまいますよね。

そんな時には、ところどころにからブロックをバランスよく配置しましょう。

またトップスもボトムも丈のバランスは、とっても大切なので最後に靴を履いてミラーチェックをしましょう。

ポリエステルサテンガウチョパンツ

ws000014

プリーツ素材が珍しいガウチョパンツ。カラーは優しい雰囲気のアイボリーなので、女性らしく穿けるアイテムです。

トップスにはネイビーのかっちりとしたシャツを合わせました。蝶ネクタイのようなブローチがポイントになっています。

足元は敢えてサンダルを合わせ、抜け感を演出。さりげなく個性が光るガウチョパンツコーデです。

【ラブリ着用】Ray BEAMS / プリーツ ワイド クロップド ガウチョパンツ

ws000015

今季も人気のガウチョパンツは、マキシ丈を選べば大人っぽい雰囲気。トレンドカラーのテラコッタのガウチョパンツは、主役級のアイテムです。

トップスにはシンプルなアイボリーのニットを合わせて。

ガウチョパンツがボリュームのあるシルエットなので、トップスはコンパクトにまとめるのが鉄則です。足元は女性らしく、ブラックのパンプスをチョイス。大人な雰囲気のガウチョパンツコーデです。

天竺ガウチョパンツ

ws000016

ガウチョパンツ初心者さんには、シンプルなブラックカラーがおすすめです。また色もブラックカラー×ホワイトカラーにすれば心配いりません。

トップスにホワイトカラーのケーブルスタイルのクルーネックセーターを添えるのが○です。足元は、チャンキースタイルのブラックカラーのブーティーで決まりです。

小物だけは、優しい色にするといいですね。

ツイルガウチョパンツ

ws000017

今季も引き続き人気のガウチョパンツ。膝下丈のものを選べば、秋にも合わせやすいのでオススメです。

落ち着いたベージュのガウチョパンツには、シンプルなブラックのニットを合わせました。ニットの裾に入ったスリットが、オシャレ度をアップさせてくれています。

足元は秋らしく、ショートブーツを履いて。ニットと色を合わせてブラックにすれば、コーデが引き締まります。

スウェード調ガウチョパンツ

ws000018

ガウチョパンツは昨年から人気続行中のアイテム。スカートのように見えるのに、パンツだから楽に穿けるのが嬉しいポイント。

ネイビーが綺麗めな雰囲気のガウチョパンツには、シンプルなブラックのVネックニットを合わせました。

アウターは、明るいベージュのダッフルコートをチョイス。明るいカラーのコートとダークカラーのインナーの対比が、身体をほっそりと見せてくれます。

スウェード調ガウチョパンツ【STORY11月号掲載】サイドプリーツガウチョパンツ

ws000000

今年の秋にはきたいガウチョパンツは、少し明るめのキャメルカラーや、人気カラーのテラコッタカラーのガウチョパンツにすると今年風に履きこなせます。

トップスには、レースのブラウスや、クルーネックのセーターも素敵ですね。足元は、ウェツジタイプのスウェードブーティーで決まりです。

小物のバックは、ハンドル付きの小ぶりのタイプが○です。

スエード調クロップドガウチョパンツ

ws000001

秋にも大活躍のガウチョパンツです。色味も落ち着いたネイビー系なので、甘すぎない印象になります。

トップスにボーダーを合わせることで、さらっと着こなすことが出来ます。ガウチョパンツなので、歩きやすくスニーカーやショートブーツにも合います。

ガウチョパンツは今年の秋冬も大活躍すること間違いなしです。寒くなってきたらカラータイツと合わせるのも良いですね。

デニムニットガウチョパンツ

ws000002

カジュアルになりすぎないお上品なガウチョパンツです。色もホワイトなので、トップスを選ばないデザインです。

ガウチョパンツなので足さばきも良く、オフィスでも活躍するアイテムです。腰のリボンで女性らしさも演出できます。

足元はブラックのローファーでオシャレ上級者に。すっきりとしたモノトーンコーデでデートにもぴったりです。

ジョーゼットガウチョパンツ

ws000003

今年も人気のガウチョパンツは、いくつかタックが入ったネイビーカラーのガウチョパンツを選びましょう。

トップスは、プリントのカットソーをガウチョパンツにインしましょう。アウターは、ライトグレーの長めのパーカーがマッチします。

足元は、レースアップスニーカーや今年人気のコンバットスタイルのブーツで決まりです。

タックガウチョパンツ

ws000004

今年のガウチョパンツは、去年よりさらにスカンツよりですね。ホワイトのメッシュタイプのガウチョパンツならとってもさわやかに着こなせます。

この秋は、トップスをインするほうが、足長効果も期待できそうですね。

足元は、ブラックカラーのアンクルストラップのパンプスで決まりです。アウターは、透かしタイプのロングカーディガンが○です。

ラッセルメッシュレースガウチョパンツ

ws000005

お部屋でリラックスしたりちょこっとお買い物でも着回しのきくゆったりガウチョパンツは、シンプルなセットアップタイプのスウェットタイプが○です。

インには、好きなグラッフィック柄のTシャツが素敵ですね。足元は、ニューバランスのスニーカーで決まりです。

マキシ丈のロングコートを着ちゃえば遠出もOKですね。髪は、まとめてニット帽にイン!

【セットアップ対応商品】SMOOTH TOUCH FLEECE ガウチョパンツ

ws000006

秋冬のファッションに1枚プラスしたいのが、この秋色のボルドーカラーのガウチョパンツです。しっとりとした秋を感じられそうです。

トップスには、グレーカラーのビジュー付きセーターが、ぴったりです。

足元は、ブラックカラーのスウェード調のブーティーが素敵ですね。小物は、ブラックカラーのハンドル付きバックで間違いありません。

ウエストタックガウチョパンツ

ws000007

いつもと違うパンツをお探しのあなたにおすすめしたいのが、プリント柄のガウチョパンツです。普段は、プレーンなパンツも柄物を取り入れることで動きがでて楽しくなってきます。

トップスには、定番のVネックのカットソーにアウターは、クロップ丈のデニムジャケットが○です。

また今年は、細ベルトを上手に使うのもコツなのです。

タッセルベルト付きカットガウチョ

ws000008

秋冬のファッションの柄といえばチェック柄ですよね。それを今年は、ガウチョパンツで活用してみましょう。グレンチェックなら落ち着いた感じに着こなせて素敵なんですよ。

スポンサードリンク

トップスには、少し透けたブラックカラーのシアータイプでメラ入りタートルネックセーターが、いいですね。

足元は、ポインティッドトォタイプのエナメルブーティーで決まりです。

(N12H)チェック柄ガウチョパンツ

ws000009

今年の秋もいろいろなタイプのガウチョパンツが出ていますが、今年は、ぜひ柄ものにトライしていただきたいですね。

ミリタリーカラーのカモフラージュ柄でひとめをひきましょう。トップスには、ケーブルタイプのブルーカラーのクルーネックセーターがよく似合います。

足元は、定番のブーティーでOKです。あとは、つばあり帽子が○です。

ウエストギャザーガウチョパンツ

ws000010

今年の秋冬のファッションのコーディーネートに1枚プラスしたいのが、ストライプのガウチョパンツです。

カラーは、ブラック×ホワイトが素敵ですね。トップスには、グレーのスウェットシャツにアウターは、ノーカラーのデニムジャケットが素敵ですね。

足元は、ブラックカラーのパンプスで決まりです。首元にさし色でプリントスカーフを巻いてもいいですね。

ストライプガウチョパンツ

ws000011

お嬢様風にガウチョパンツをきこなしたいのならハイウエストの大柄のチェック柄のガウチョパンツをおすすめします。

トップスは、さわやかなホワイトカラーのクルーネックセーターが○です。足元は、定番のブラックカラーのパンプスでOKです。

手元のブラックカラーのハンドル付きバックは、両手で持ちましょう。アクセサリーは、パールがいいですね。

柄ガウチョパンツ

ws000013

今年もいろいろなタイプのガウチョパンツが出ていますが、今年は、いろいろな素材をたのしんでみては、いかがでしょうか?

コーデュロイや、ベロア・ベルベット・ファーなど自分の手で触って楽しんでくださいね。トップスには、ブラックカラーのクルーネックセーターとよく似合います。

小物は、ボルドカラーの2Wayショルダーで決まりです。

コーディロイガウチョパンツ

ws000014

今年の秋冬のファッションに人気のブラックカラー×ホワイトカラーのストライプのガウチョパンツは、フリンジ付きのグレーカラーのセーターとあわせると動きがでて素敵な感じに仕上がります。

足元は、スウェード調のチャンキーヒールのパンプスにするだけで今年スタイルの出来上がりです。

小物は、ニット素材や、ファー素材のクラッチが○です。

ストライプガウチョパンツ

ws000015

人気のキャメルカラーのガウチョパンツは、ブラックカラーのセーターとの相性がばっちりなのです。

レースタイプのつけ襟をつけると素敵に仕上がります。足元は、ブラウンカラーのスウェードパンプがいいですね。小物は、ファー素材のクラッチバックで決まりです。

頭には、つば付き帽子に光沢のあるリボンがついるタイプなら女子力もアップしそうです。

ws000016

こなれ感を演出し、一気に今年っぽいコーディネートにしてくれるガウチョパンツ。カジュアルなイメージのデニムですが、ふんわりとした柔らかなシルエットで女性らしさをプラス。

どんなアイテム、カラーとも合わせやすいので、合わせるアイテムで色々な表情を見せてくれ、着まわし抜群です!

季節問わず、シーズンレスで着ることができます。

デニムタックガウチョパンツ

ws000017

シンプルなブラックカラーのガウチョパンツにあわせたいセーターは、甘いベビーピンクカラーのセーターです。

その下に少しホワイトシャツをだすとバランスよく着こなせます。足元は、重くならないようにグレーのソックスにブラックカラーのローファーがいいですね。

小物は、小さ目のブラックショルダーが○です。あとは、ベレー帽をONしましょう。

タックガウチョパンツ

ws000019

Iラインを強調してはきたいストライプのガウチョパンツは、今年の秋冬のコーディーネートに1枚プラスしたいアイテムですね。

そのガウチョパンツにキャメルカラーのケーブルスタイルのタートルネックをあわせるのが今年流です。

足元は、チェスナッツカラーのミュールスタイルのブーティーが素敵に決まります。バックは、テラコッタカラーが○。

タックガウチョパンツ

ws000021

季節を問わず大活躍のガウチョパンツ。秋冬のコーデに取り入れても丈が長いので暖かい☆トップスをインする事でスタイルが良く見える効果も♪

清楚な服にもカジュアルな服にも合うので毎日のコーディネートにも困りません!

トレンドの服を取り入れたいと思っている貴方*何を着るか悩んでしまう秋にも一着あれば着回し抜群の「ガウチョ」を取り入れてみてください♪

コーデュロイガウチョパンツ

ws000000

カウチョパンツは着こなしが楽でいいですね。街中なファションで遊んでもいいですし、ガウチョパンツは本当にゆったり着こなしができますのでとても履きやすいです。

ゆったり着れるので行楽地に行く時などに着ていく時にも気楽に着ていけるのでいいですね。

写真の色は秋のシーズンにとてもいいですね。色合いがとてもマッチしています。

『CAPTURE(キャプチャー)』カットソーガウチョパンツ

ws000001

ミディ丈のブラックカラーのガウチョパンツは、バランスがちょっと難しそうですよね?そんな時には、グレーカラーののタートルネックのセーターの上にチェック柄の大判ストールを首にまいて目の視線を上にもっていくといいんですよ。

足元は、カジュアルに人気のブラックカラーのスニーカーブーツで決まりです。あとは、ファークラッチをもってくださいね。

アシメトリーガウチョパンツ

ws000002

秋冬もまだまだ根強い人気のガウチョパンツ!光沢のある上品な素材で、大人ガール♪明るめブラウンがトレンド感抜群です✩

白系のトップスで上品に、オールブラックのコーデの外しとしても存在感が出てクールに決まります。

秋からどんどん使いたい、ニットとの相性がとってもいいです!足元はパンプスでキレイめ、スニーカーでカジュアルダウンも可能。ガウチョパンツならではの『足首スッキリ見せ効果』でスタイルも良く見えちゃいます!

スエード調ガウチョパンツ
ws000003

昨年夏から始まり今年夏も人気のガウチョパンツは秋にも使えます!落ち着いた色合いは秋コーデにぴったり!

ショートソックスにショートブーツを合わせると一気に秋らしさが出ます。ストライプの模様とトップスをインすることによって脚長効果もあります!

体型カバーだけでなくスタイルアップができるガウチョパンツを秋もたくさん着こなそう!

ツイルガウチョパンツ

ws000004

今年も人気のガウチョパンツは、定番のグレーカラーをチョイスするのが、○です。

このガウチョパンツにハイネックのボルドーカラーのセーターがよく似合います。足元は、シンプルなブラックカラーのパンプスで決まりです。

小物は、小さ目のハンドル付きのショルダーバックが素敵に決まります。さらにベレー帽をかぶれば今年流になりますね。

ポンチガウチョパンツ

ws000005

スエード風の素材が秋らしいガウチョパンツのセットアップです。カラーもトレンドのテラコッタで、さっと着るだけで一気にオシャレな雰囲気に。

アウターにはカーキのモッズコートをざっくりと羽織ってカジュアルダウン。ブラウンのハットとショートブーツを合わせて、大人っぽい印象に。トレンド満載の秋コーデに仕上げました。

起毛ガウチョパンツ

ws000006

トレンドのガウチョパンツを使ったコーディネートです。サラッと落ち感のある素材なので、大人っぽい雰囲気になり、大人の女性にオススメです。

足元はパンプスと合わせることでレディライクな印象に、カジュアルに決めたいときはスニーカーを合わせても◎

合わせるアイテムで違った雰囲気を楽しむことができ、1枚あると着まわし抜群です。

ws000007

秋冬のファッションのコーディネートに1枚プラスしたいアイテムは、キャメルカラーのガウチョパンツです。

シンプルに決めたいあなたには、トップスにもシンプルなホワイトシャツに薄手のセーターをあわせるといいですね。

足元は、ブラックカラーのソックスにエナメル調のブラックカラーのブーティーがよく似合います。小物は、ベースボールキャップをオンしましょう。

ws000008

シンプルなキャメルカラーのガウチョパンツは、秋色のボルドーカラーと合わせるのが○です。

足元は、ソックスインのブラックカラーのパンプスと合わせましょう。アクセサリーに長めのゴールドカラーのネックレスをプラスするとさらに素敵に決まりそうです。

小物は、ファー素材のクラッチに頭には、つばありの帽子で間違いありませんね。

ws000009

秋のカラーでほしくなる色は、キャメルカラーですよね。それを今年の秋冬のファッションにガウチョパンツでプラスしましょう。

ガウチョパンツは、クロップタイプなので足首がきれいに見えるのもうれしいですよね。

トップスには、ボーダーのカットソーがいいですね。アウターは、グレーカラーのロングカーディガンがバランスよく着られます。

ウエストイージーガウチョパンツ

ws000010

今年の秋冬の人気カラーといえばテラコッタカラーとグレーですよね。そのグレーをこの秋ガウチョパンツでいかしてみましょう。

またストライプ柄をチョイスすれば、縦ラインがでて素敵です。

トップスには、ホワイトシャツに上からリブスタイルのクルーネックセーターがよく似合います。足元は、ブラック×ホワイトのローファーがいいですね。

ws000011

今年の人気のカラーのグリーン系のカーキカラーは、今年は、ハイウエストタイプのリボン付きのガウチョパンツをチョイスすると足長効果も狙えて素敵な着こなしができます。

トップスは、プリント柄のお気に入りのTシャツをボトムのガウチョパンツにインしましょう。足元には、スウェード調のブラックパンプで決めましょう。

(ROSE BUD)ガウチョパンツ

ws000012

ここ数年人気のガウチョパンツは、秋冬は、がらりと素材をかえておしゃれを楽しみましょう。

スウェード調のものや、今年は、ベロアやベルベット素材の物もおさえておきたいですね。また今年のトップスは、ゆるデカをボトムにインするのがコツなのです。

足元は、ブラウンカラーのチャンキーヒールのぶーティーが○です。あとはファーで全体のボリュームを出しましょう。

フロントアシメスェードガウチョ

ws000013

やさしいグレーカラーのガウチョパンツには、やさしいパステルカラーのラベンダーのセーターがよく似合います。

足元は、ブラックカラーのパンプスでシンプルに決めましょう。寒くなってきたらワントーン濃いチャコールグレーのコートを羽織ると色のグラデーションがでてとても素敵に決まります。

あとはつば付き帽子でバランスをとりましょう。

裏起毛ラップ風ガウチョパンツ

ws000014

今年気になるガウチョパンツは、サスペンダースタイルのガウチョパンツです。

シンプルに定番のグレーカラーや、ホワイトカラーのカットソーや、TシャツなどもOKですが、サスペンダーのひもを下してチェゥク柄のシャツなどをあわせるとPOPな感じがでていいですね。

またアウターは、今年は、スカジャンやMA-1ジャケットとあわせると今年流になりますね。

サス付ガウチョパンツ

ws000015

温かみがあり、秋冬にぴったりのカラーのボルドーのガウチョパンツを使ったコーディネートです。

落ち着いた雰囲気がありながらも、コーディネートに華やかさをプラスしてくれるボルドー。

広がりすぎない落ち感のあるシルエットなので、キレイめな着こなしが完成。トップスをコンパクトにまとめることでバランスのいいスタイリングになります。

リュクスガウチョパンツ

ws000016

ストレート気味のシルエットが、脚長効果を発揮してくれるガウチョパンツです。季節感を感じさせてくれる生地で、あたたかさも抜群!

長すぎないちょうどいい丈感なので、パンプスはもちろんショートブーツとも相性GOODです◎

ハイウエストデザインなので、合わせるトップスをコンパクトにまとめることで、バランスの良い着こなしになりオススメです。

ベルト付ピーチガウチョ/パンツ

まとめ

ガウチョ画像引用元;http://プチプラコーデ術.com/archives/709.html

いかがでしたか?このようにガウチョパンツは、いろいろなアイテムにも合わせやすく、スタイルアップ効果も期待できる万能なアイテムなのです。

最近ではいろいろなデザインやカラーのものが、販売されていますのでぜひこの機会に、今まで挑戦したことの無いデザインのガウチョパンツも、試してみてください。



スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  yjimage  

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る